新譜情報/プチレビュー 夕焼けあんたいとるど。

2010年05月20日

Besnard Lakes Are the Roaring Night / Besnard lakes

Besnard Lakes Are the Roaring NightBesnard Lakes Are the Roaring Night
Besnard Lakes

Jagjaguwar 2010-03-09
売り上げランキング : 45937

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
初聴の印象を殴り書きしたメモ帳には「ダークアンドシューゲジングサイケ」というあまりにもひどい言葉が躍っていたが、今改めてちゃんと聴けば別にダークでもなく特別サイケでもなく、ごくごく普通のシューゲイザーでございました。カナダ産のポップフィーリングにつつまれやたら哀愁の漂う展開がそこに。キラキラしたものではありませんが、これはこれでいいのではないでしょうか。

Myspace
posted by みかんぱ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

Wooden Blankets / Blind Man's Colour

Wooden Blankets [Analog]Wooden Blankets [Analog]
Blind Man's Colour

Kanine Records 2010-02-23
売り上げランキング : 440814

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これは大変悪趣味で素晴らしい。あらゆるものの隙間、ゆらぎの空間から聞こえてくるドリームポップ。サイケな白昼夢。アニコレもMGMTもいまいちピンとこない僕ですがこれはなかなかどうして。シンセもコーラスも計算されているんだろうけどそんなのどうでもいいですね。もわもわ〜としていたいですハイ。

Myspace
posted by みかんぱ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

Ride With Me / Kingen

ライド・ウィズ・ミーライド・ウィズ・ミー
キンゲン

スリーディーシステム 2010-01-20
売り上げランキング : 65388

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
今年最初のグレイドッグス発は、スウェーデンの渋いヤサオヤジ、kingenでございます。熱きオヤジの、ほとばしるほどの魂の叫びと鍵盤さばきを聴け!てな具合のグッドピアノロック。特筆すべき面白さはないけれど、信頼と安心のグレイドッグスブランドですね、これが。

Myspace
posted by みかんぱ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする

Minor Love / Adam Green

Minor LoveMinor Love
Adam Green

Rough Trade 2010-01-19
売り上げランキング : 249425

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


酔いどれSSW、アダムおじさんの新作。相変わらずとぼけた歌声で素敵なポップミュージックを聴かせてくれます。ますますシンプルに、でもソングライティングは冴えに冴え。そりゃこんな魅力的なジャケにもなるってもんです。
 
 
Myspace
posted by みかんぱ at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

Infinite Light / Lightning Dust

Infinite Lightカナダの方々。

下地はフォークロックなんでしょうけど、なんとも形容しがたい女性Voに電子音が絡んできたりして、なんだかよう分からん世界観です。いや、難解とかそういうものとはかけ離れているんですけど。

HRバンドのメンバーによるユニットらしいけど、なるほど、と思ったり思わなかったり。
しまった、これ何も言っていないのと同じやね。
 
Myspace
 
posted by みかんぱ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

みなとまち

自分でもよく分かりませんが、「今日は邦楽を取り上げる!」と強く思う日が年に何度かある。
とはいえ、普段熱心に聴いているわけではない上に、自意識過剰なポーズとしての憂鬱を食いつぶす量産型ナイーブバンドの類とかあざとすぎるロリボイスとかに絶望している状況なのでっていうかどの方々もやるならもう少しうまく、上品にやってほしいものです。意図がベッタベッタに見えすぎててぐんにょりです。

で、紹介しようメモ(今命名した)に名前が載ってた彼ら「みなとまち」を取り上げましょうよと。

東京のバンドさんみたいですね。
ミニマルなサウンドのなかに微熱をまとった音像が展開されてるような感じ。
あのね、なんていうかな「よそいき」というか「ピアノの発表会」的な温度と、日常が共存している感じ。ごめん、言えば言うほど伝わらなくなってる気がする(僕の中の理解度は深まるばかりだ)

まだ結成して1年ちょいくらいみたいで、97世代とかアートスクールあたりからの影響が色濃く、(個人的には)面白みがあるところまではいっていませんが、何より僕はこの「まみれてない」感がちょいとばかしツボだったので取り上げてみましたとさ。

このまま音とだけ戯れてどんどんいいバンドになってほしいですね。
 
Myspace
 


posted by みかんぱ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

Upper Air / The Bowerbirds

Upper Air でましたでました、ザ・インディー、ザ・フォークミュージックなバウアーバーズの新作です。
 
地味ながら、これぞ!という音を聴かせてくれてます。
なんでもマウンテン・ゴーツのジョンから「10年に一度のバンド」と絶賛されたとかされてないとかで。
10年に一度かどうかはともかくとして、いいアーティストなのは間違いないですね。
 
Myspace
posted by みかんぱ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

Skeletons / Tiny Masters of Today

Skeletonsどこまでも正しい10代の輝き。
だがしかしアンダーエイジにもほどがあるだろ、というブルックリンのローティーン兄妹バンド、タイニーマスターズオブトゥデイの新作。

音は非常に無邪気でラフなパンク/ガレージ。
ナチュラルに大人を小馬鹿にしてしまうような生意気なサウンドなのに、非常に微笑ましい。
だって、日本語版Webサイトに
こんにちは。僕たちはニューヨークのブルックリンに住んでいる兄弟バンド、 タイニー・マスターズ・オブ・トゥデイです。
僕はアイヴァンで現在13歳、ボーカルとギター担当してます。タイニー兄です。
私はエイダで現在11歳、ボーカルとベース担当してます。タイニー妹です。
おじさんは現在23歳、タイニー無関係です。
この文見ただけで応援したくなります。がんばってね。
 
Myspace
posted by みかんぱ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

Super Pro+ / The Hussy's

Super Pro+ グラスゴー出身の6人組の1st。元スーパーナチュラルズのジェームスが始めたバンドだそうで、ディスコパンク的要素も垣間見れるキャッチーなメロディと、クセのない女性ヴォーカルによる安心のギタポ。

僕としてはあまりに真っ当すぎてそこまで面白くないなあと思うのだけれども、でもまあ、ちょっとしたプッシュがあれば売れそうなポテンシャルはあるのかな、といった印象です。

Myspace
posted by みかんぱ at 01:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

ゆめの在りか / のあのわ

ゆめの在りか久々に脳天を打ち抜かれた気分だ。
それは否定でも肯定でもなく、ただただ、ガツーンと。

なにせ冒頭から妙に大仰な音+舌足らずな声で「わたしのゆめーっ」である。

そしてもったりしたリズムに乗って過剰なまでにキラキラしたシンセ、ピアノをべったりと塗りたくり、プログレとは言わないまでも、ミュージカル/オーケストラポップ的風情の曲展開。爆笑である。
感情の洪水状態のボーカルさんが奏でるチェロも縁の下の力持ちな配置で喰い合わせが意外と良かったり。
ま、ボーカルさんは、もっと曲以上に過剰なくらいの起伏があってもいいと思いますけどね。ちょっと一本調子気味、かな。

これはロックバンドじゃないな。ポップ楽団。たたずまいも笑っちゃうくらい完璧だし、これが1stなんですけどね、いやいや、長く頑張ってほしいです。

突き抜けまくってLos Campesinos!とかThe Arcade Fireみたいになったら面白いんだけどな。


Myspace
表題曲のPVはコチラ
posted by みかんぱ at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

Montgolfier / Lothar

Montgolfier僕はこういうの好きです。スウェーデンの7人組バンドのデビュー作。
 
ジザメリやシューゲイザーたちに通ずるノイジーなトリプルギターにのったポップセンス抜群の甘いメロディ。そして何より、この気だるい無表情な女性ヴォーカル。この組み合わせは、素敵。

というわけで、各要素がツボを付いた適切さに溢れてるので好印象ですね。
浮遊感があって、ノイジーギタポはこうでなくちゃっという気持ちでいっぱいです、はい。

myspace
posted by みかんぱ at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

The Spirit of an Age to Come / Silent Alliance

The Spirit of an Age to Comeたしか、最初に耳にしたのは「Cities on Fire」だったかな。
事前情報なしだったけど、すぐ「うわ、イギリスの若い奴らの出しそうな音!」と思ったら案の定ロンドンでした、と。
で、ヴォーカルさんの中性的な声は所謂「北欧系」のかほりを出してるよな、と思ったらこれまた案の定スウェーデンン人でしたよという、そんなアイコンにまみれた新星、サイレントアライアンスの1stでございます。

キラキラシンセと青春ギター。そこはかとない泣きメロ。
僕はそうでもないけど、好きな方は必ずいると思う。あなたの琴線には触れますでしょうか。

myspace
 
posted by みかんぱ at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

En Ningun Lugar / Charades

En Ningun Lugar スペインの男女混合バンドの2枚目。
 どこか無骨で調子っぱずれな演奏に胸キュンなメロディ。全体の佇まいはインディ然。となれば嫌いになれというほうが難しいわけです。はい。
 
 地元スペインの老舗パンクレーベルからリリースの今作ですが、レトロスペクティブな部分を通過してポップに消化という雰囲気は時流にも個人的なモードにもマッチしてて好印象。異国の人間にとってはスペイン語のキュートなボーカルも勝手にアクセントになってて○。

 同じ系統の人気者、Those Dancing Daysよりも僕はこちらの方が好きです。音楽的にも面白い。

 Myspace
posted by みかんぱ at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

Birds / Collections of Colonies of Bees

Birds ミルウォーキーのポストロックバンドPele(現在は解散)の元メンバーによるプロジェクト、コレクションズ・オブ・コロニーズ・オブ・ビーズの新作。

 随所に散りばめられた電子音と生音との有機的な絡み、時にキラキラしたプロダクションで生命の美しさ、ダイナミズムを描き出しております。

 高揚感が心地よく、意外(?)と核となるメロディも人懐っこいので、結構万人にオススメできるかも。

 Myspace
posted by みかんぱ at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

Here Comes The Wind / Envelopes

ヒア・カムズ・ザ・ウィンド スウェーデンのバンドの2枚目。

 スウェディッシュポップというと、僕の貧しい感性と語彙からでは「おしゃれ」とか何かそういうチープで俗っぽい表現しか出てこないのだけれども、このエンヴェロープスはそういった系譜からは半歩ずれている感じ。

 男女ツインボーカルの脱力系ローファイポップにひねくれ感をプラス。
 そう、終始音の中に漂うのはどこかシニカルな視座だ。
 とはいえ、人懐っこい感じに仕上がってるのは紅一点のメンバーがフランス人てこともあるのかしら。
 ほら、フレンチポップて何処となく歌謡曲然としてるというか、日本人のポップ琴線に触れる部分があるじゃない。

 まあそれはさておき、ジャケ、いいなあ。

Official WebSite
Myspace 
posted by みかんぱ at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

Rabbit Habits / Man Man

Rabbit Habits 最近優しめなチョイスが続いておりましたので、今日は汚い(褒めてます)のをいきましょう。

 フィラデルフィアのバンド、マンマンの3枚目の新作です。

 「ティンティンズはいるわ、マンマンはいるわ」とくだらない事を言いたくなる、というかもう言ってしまいましたが、はい、最低ですよね。
 
 えーと、音はオリエンタリズム溢れる、ごった煮ロック/パンク/ニューウェーブです。マリンバやらホーンやらが聞こえてきて、ワールドミュージック的な風情も漂っております。

 とはいえ、何よりも特徴的なのはこのチンピラ的な臭いですよ。サーカス感というか酒呑んでます草も食ってます感が楽しく、喧騒丸出しな所も洗練さと無縁でいい。

 音を聞く限りだと「頭の切れるチンピラ」ぽい印象を受けるけどどうなんだろうなー。
 
 Myspace
posted by みかんぱ at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

Record Room: First 4 Singles / It Hugs Back

Record Room: First 4 Singles イギリスはケント出身の新人さん、イットハグズバックの既発シングル+新曲のコンピ盤。
 ラッドだニューエキセントリックだもいいけれど、やっぱり英国の噛めば噛むほど的な音楽をやる新人さんにもお目にかかりたいじゃないというアナタにオススメ。

 甘いノイジーさと適度なドリーミーさ。
 どの要素も控えめかつしっかりと主張をしているという、絶妙のライン。
 「層」を意識した緻密なプロダクションにも好印象。製作中の1stにも期待が持てそうです。

 ベルセバ的な部分もありつつ、時にBSSぽかったりヨラテンゴあたりの影響も見え隠れしたり。
 要は良質インディポップという事です、はい。

Myspace
posted by みかんぱ at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

Between Here and There / Look See Proof

ビトウィーン・ヒア・アンド・ゼア UKの新人さん、ルックシープルーフの1st。
 最近のインディ感満点の音と「ド」がつくほどのポップさ。
 …あと他に言う事無いような気もしますがw

 えーとフックのきいたシンガロング系メロディと腰にくるリズムと…って書くとカイザーチーフス辺りみたいだけど、音の手触りと言うか参照点はもっとUSオルタナ寄りかなあ。
 
 食傷気味といえばそうだし、もう一歩「何か」が欲しいところではあるけれど、好きな人にはたまらない、そんなギターポップサウンドです。はい。

Myspace
posted by みかんぱ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

Midnight Organ Fight / Frightened Rabbit

Midnight Organ Fight UKはグラスゴーのバンドの2枚目。

 グラスゴー出身らしいあの特有の曇り空から光が差し込んでくるようなギターサウンドに頼りなさげなボーカル、「切ない」というよりは「おセンチ」な感じの涙腺直撃メロディ。
 となればチェックせねば、というわけなのですよ。

 90年代USインディのUK再解釈ものとしてもいい1枚です、はい。

Myspace
posted by みかんぱ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

Saturdays = Youth / M83

Saturdays=Youthフランスの名プロデューサー、アンソニー・ゴンザレスのソロプロジェクト、M83の新作。
 ふわふわしたエレクトロシューゲイズなサウンドに乗った極上のポップミュージックであります。

 時に優しく時に切なく、エレポップの王道と言った感じでいいのですが、いささか80年代の「ギラギラ」臭がすると言いますか、ちょっと「押し」が強すぎる部分が目立つような気もしなくもないです。
 
 それにしてもジャケが素敵だ。

Myspace
posted by みかんぱ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。