アーティスト紹介(終了) 夕焼けあんたいとるど。

2007年05月13日

The Bawdies

I BEG YOU笑った。そして拍手をしてしまった。
うわー日本の若いのにもいたよ。ロックンロールバンド。
モロに50's、60'sなサウンドに、黒人の様なパワフルなヴォーカル。

日本で、しかも若い世代でこういうまっすぐなロックンロールを鳴らすバンドが出てくるということは非常に喜ばしいことですネ。

そしてそういうバンドがポーンと出てきて、人気を獲得できるような土壌がある、あるいはそれが育っていくとすれば、日本もまだまだ捨てたモンじゃないですよ。

同世代として非常に期待しております。
いやー、いい。

Official Site

ではニューシングルから"I Beg You"のPVをば。

ビデオを見るよ!
posted by みかんぱ at 02:31| Comment(3) | TrackBack(0) | アーティスト紹介(終了) | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

Loney,Dear

Loney, Noirこれはいいぞおおお!!

スウェーデンの大所帯バンド、Loney,Dearです。

いわゆるスウェディッシュポップのキラキラ感あり、ベルセバの様な温かみあり、The Arcade Fireをもの凄くポップにした感じあり(これはちょっと違うかもしれない…)etc.
まあとにかくドツボだって事ですわ。

フォーキーで優しい感じとしては、フォークトロニカ的なサウンドのThe One AM Radioともども、プッシュandプッシュでございます。

試聴はMy Space
official site

では、新作「Loney, Noir」から"I Am John"のPVをば。
 
ビデオを見るよ!
posted by みかんぱ at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト紹介(終了) | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

Eskju Divine

HEIGHTS2006年の通常更新ラストを飾りますのは、スウェーデンのギターレスバンド、Eskju Divineでございます。

スウェーデンてだけでもう美メロスキーのアンテナを刺激してくれます…。

えらく壮大な音でして、エモ好きさんなんかにもオススメ。
同じギターレスで言うとKeaneが好きな方にもいいかもです。

試聴はMy Space
Official Site

では"Hold on"のPVをば。
 
ビデオをみるよ!
posted by みかんぱ at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト紹介(終了) | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

Cansei de Ser Sexy

Cansei de Ser Sexy
今年は今回を含めて2回の通常更新の後、今年の10枚!的なモノを発表して更新終了となりますです。
現在それに向けて作品を選定中なんですが15枚になるかも…。

さて、今日はブラジルの女の子5人+ヒゲ1人の新人さん、CSSを取り上げます。


先日発表されたNMEの年間ベストでも5位に入ってたりして、もう結構あちこちで話題になってるみたいですね。
僕は先日ちょこっと帰省した際にVMCを見て遅ればせながらの出会いを果たしたわけなんですけれども。

音は、ピコピコした80'sの香り漂うニューウェーブ?ディスコパンク?とかそんな感じです。すんません、ジャンル分けは苦手なんです。

なんか中毒性があるというか、ハマる人にはたまらんと思いますよ。
ボーカルのコは日系人なんですね。むー。
いや、こういうキュートさは嫌いじゃないですよ。意外と。

試聴はMy Space
official site

では、"ALALA"のPVをば。
ビデオを見るよ!
posted by みかんぱ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(1) | アーティスト紹介(終了) | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

The Beautiful South

スパービ
1989年結成のイギリスの国民的バンド、The Beautiful South。

牧歌的で優しく親しみやすいポップサウンドに、シニカルな歌詞をさらっとのせてしまうニクいセンス。

最近のアーティストだとThe Magic Numbersあたりのポップススキーさんにもオススメ。
老若男女に愛されるようなステキなサウンドをご堪能アレ。
歌詞は…国内盤でご堪能アレw

新作「Superbi」の細かいレビューはまた後日。

試聴はMy Space
Official Site
posted by みかんぱ at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト紹介(終了) | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

Ratatat

クラシックス
レポやら風邪やらで死んでました。
長く休んでしまって申し訳ないです。

さて今日はRatatatを取り上げます。

ギターインストユニットらしいんですけど、
どちらかというとテクノとかエレクトロニカよりかしらね。

といっても難解な感じは全く無く、なんというかゲーム音楽にも通ずるとっつきやすさ。

ちなみに先日発売された2ndアルバムの限定盤には1stも付いてくるというお得仕様でございまして、
僕もめでたくお買い上げと相成りましたので、詳しいレビューはまた後ほど…という事で。

とりあえず「良かった」ですよ、と。

試聴はMy Space
Official Site
posted by みかんぱ at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト紹介(終了) | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

Sparklehorse

Dreamt for Light Years in the Belly of a Mountain今週末大量にCDに金をつぎ込んでこようかと画策してるわけですが、
その中でも特に期待しているのがこのSparklehorse。

かのRadoheadにツアーのオープニングアクトを依頼されるなど
その独創的な音楽に評価も高いようで。

アコ−スティクな質感をベースに、様々な楽器でその世界観を構築しているその音楽は実験的な側面を持ちつつも決して敷居の高いものにはなっておらず、実はポップで長く聴けそう。

試聴はMy Space
Official Site


posted by みかんぱ at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト紹介(終了) | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

Midlake

The Trials of Van Occupantherアメリカはテキサス出身の5ピースバンドMidlake。

1stアルバム「Bamnan And Silvercork」が"Flaming Lips meets Radiohead"なんて言われたりしてえらく評判だった彼らの新作「The Trials Of Van Occupanther」が11月22日にリリースになりました。

といっても僕もこの作品で初めて知った上に、まだ手元にCDが無いんですけども…。
まあオススメてことで紹介しときます。

数曲試聴した限りだと、先述の2アーティストが好きな方や、デスキャブの「Plans」、ベルセバなどの優しい音楽がお好みの方には気に入っていただけるかと。
秋ぽいかな…という印象も受けたんで、寒い季節スキーさんもどうでしょ。

試聴はMy Space
Official Site

では"It Covers the Hillsides"のビデオをば。
 
ビデオを見るよ!
posted by みかんぱ at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト紹介(終了) | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

Tapes 'n Tapes

ザ・ルーン(初回限定盤)とあるアーティストのPVをようつべで検索していたら
偶然出会うこととなったTapes 'n Tapesをご紹介。

アメリカはミネアポリス出身の4人組インディーバンドなわけですけれども、
何でもそのYou Tubeにブート映像を意図的に流して本国で人気に火がついたとか。
ブログやSNSなどのWebを通じて広がりを見せていくっていうのは非常に「今」っぽいですネ。

そもそも30秒の試聴なんかでは、気になったとしても
購入まで踏みきるなんてのはほとんど無いわけで。
邦楽業界もこの辺りを利用する方向で検討してみたらいいと思うんですけどね。
といってもどっかの著作権ヤクザが暴れまわってる現状ではどうしようもないのかもしれませんが。

…いかん話がそれた。
このTapes 'n Tapesの音はというと、まあ非常にインディーぽいといいますか
レトロな感じもあってなかなかいいんじゃないでしょうか。
ポストClap Your Hands Say Yeahとも言われてるらしいです。

試聴はMy Space
Official Site

では"Insistor"のPVをドゾー
 
ビデオを見るよ!
posted by みかんぱ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト紹介(終了) | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

Blondelle

タイトル未定ロキノンでこのジャケ写を見かけた際に
「おい!カッコイイじゃないかよ!特に左から2番目!」
と興奮してしまったので紹介します。

イギリスはロンドン出身のお若いバンド、Blondelle。
ジャケ写から勝手に骨太な土臭いサウンドを期待していたんですが、
マイスペで試聴したところ、そこはやはりUKというか微妙に線の細い感じのポップな曲でした。
別にそれが悪いという事ではなくて、メロディーはいいですし、むしろ好物の部類に入りますんで年末にむけて期待の作品がまた一つ増えました、というお話でございます。

デビューアルバム日本盤は12月20日リリース。
BRITISH ANTHEMSへの出演も決定したようです。

試聴はMy space
official site

ほいじゃ"Wonder"のPV置いておきます。
 
ビデオを見るよ!
posted by みかんぱ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト紹介(終了) | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

Saxon Shore

The Exquisite Death of Saxon Shore
またまたポストロック畑から。
最近はどちらかというとエレクトロニカに針が振れてましたんで、
今日はバンドサウンドの方で。

ペンシルヴァニア出身の5人組、Saxon Shoreなんですけれども
大地的な非常に爽やかなサウンド。エモにも通ずるものがありますかね。

特に目新しい事をやっているわけではないですけれどもいいモノは(・∀・)イイ!!
非常に聴きやすくて敷居も高くないので個人的にはえらく好印象です。

試聴はMy Spaceで。
Official Site
posted by みかんぱ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト紹介(終了) | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

Barefoot

Barefootあいや、こりゃたまらん。
またステキな歌い手さんに出会ってしまった。

このBarefoodなんですが、Tim Deluxeの名曲"It Just Won't Do"でボーカルを披露していた女性ボーカリスト、Sam ObernikさんとUKで活躍するプロデューサーのトミーDさんのプロジェクトだそうで。

僕なんかは専門外ですんでよく分からんのですが、分かる方は「ああ!あの人か」てなもんでしょうかね。

さてさて、今月22日に国内盤がリリースとなる1stアルバム「Barefoot」は、
Underworldの"Born Slippy"などテクノやハウス等々の名曲をジャジーにカバーしております。

僕はUnderworldしか元歌が分からないんですが、どれも小悪魔な感じで良いです。お声もパワフルですし。
しっかし"Born Slippy"は素晴らしいです。ホントに。

試聴はOfficial Siteで。
posted by みかんぱ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト紹介(終了) | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

The Upper Room

Other People's Problems優しくてメランコリック。
UKらしいみずみずしいポップを奏でる新人さん、The Upper Room。

いやホントにUKらしくていいわ。
くどくなくて聴きやすい。晴れた日の散歩やドライブに持って来いかも。
The Feelingといい、ポップ組の新人さんはなかなか今年は優秀ですかね。

ちなみにアルバム「Other People's Problems」の国内盤はジャケの色が青いんですが、これはバンドが描く日本のイメージが青だからそうです。
このエントリでは個人的に元の方がVMCぽくて気に入ったんで(何)そっちの画像を使いましたw

試聴はMy Space
Official Site

では"All Over This Town"のPVをば。
 
ビデオを見るよ!
posted by みかんぱ at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト紹介(終了) | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

Junior Boys

So This Is Goodbye昨日に引き続きエレクトロニカ畑からご紹介。

昨日は歌なしでしたか今日は歌モノですんでご安心(?)を。

カナダのJunior Boysというユニットなんですけど、儚げで優しい、でもどこか一本強さを持っているシンセサウンドとボーカルが非常に耳に心地いい。

すごく聴きやすいし、これからの秋の夜長のお供にもいいかもです。

試聴はMy Space
official site

posted by みかんぱ at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト紹介(終了) | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

Sending Orbs

Bye Bye Gridlock Traffic
今日はちょいとばかし志向を変えまして、エレクトロニカをご紹介。

といっても僕はこのジャンルはサッパリでして、
「何かいいポストロックは無いかな」とウロウロしてたらココに辿りついただけの事なんですが…。

それがSending Orbsというレーベル。
My spaceで試聴できるんですが、その中のSecedeの"Born In A Tropical Swamp"が優しい音のさざなみでもうドツボ。

SecedeのOfficial Siteでは少しずつですがたくさん試聴できます。

このジャンルは食わず嫌いだっただけに、気に入ったアーティストが出てくるとどんどん広がっていきそうで楽しみです。
posted by みかんぱ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト紹介(終了) | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

The Album Leaf

Into the Blue Again
またまたポストロック畑から一組。季節ですんでね…。

サンディエゴ出身のジミー・ラヴェルさん率いるインスト中心のワンマン・ユニットだそうです。

最新作「Into the Blue Again」が今年の9月に出たようですが、前作「In A Safe Place」にはSigur Rósのメンバーも参加しているらしく、そこいらの音楽が好きな方にもオススメ。

ただ、Sigur Rósの音楽よりかはもっと日常性が感じられる音かと。
別に大げさな音を奏でてるわけではなく、心にすーっと入り込んでくる優しさ。

日常に色を加えるという意味で凄くステキな音楽だなあなどと思うわけです。

試聴はMy Space
Official Site

では前作から"Twenty Two Fourteen"のPVをば。
 

ビデオをみるよ!
posted by みかんぱ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト紹介(終了) | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

Jeniferever

Choose a Bright Morning
これはいいなあ(声大

今年3月にアルバム「Choose A Bright Morning」でデビューした(国内盤は出てないですorz)スウェーデン出身のJeniferever。

声の表情が乏しいのに凄く豊かに感情を表すヴォーカル(伝わりにくい)に美しいポストロック的なサウンド。

個人的な事を申しますと、現在手元にアルバムが届くのをwktkしている状態でして、先日書いた今年プッシュしておきたい新人3組の牙城を大いに揺るがす出来であってほしいな、と。

Sigur Rós、Mogwai辺りのポストロック、北欧系の美メロスキーさんにオススメです。
 
試聴はMy spaceで。
official site

では"From Across The Sea"のPVをば。
 
ビデオを見るよ!
posted by みかんぱ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト紹介(終了) | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

Inger Marie Gundersen

Make This Moment今年に入ってからもの凄くJazzを聴く機会が増えました。

といってもNorah JonesとかJamie Cullumなんかのポップスよりのが多いんですけど…。
で、その系統からお一方ご紹介。
ノルウェー出身のInger Marie Gundersenです。

Norah Jonesの場合、カントリー等アメリカ音楽を盛り込んだ音が一つの魅力である訳ですが、こちらさんはも少しJazzよりかしらね。

Norahのハスキーボイスとはまた一味違った艶やかなお声でほっこりできます。

秋の夜長にいかがでしょうか。

試聴はofficial siteやらCD babyやら↑のジャケ写(アフィですけど)などからどぞ。



posted by みかんぱ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト紹介(終了) | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

The Automatic

Not Accepted Anywhere
ウェールズ出身の若い4人組バンド、The Automatic。

そうです、またUKの新人サンです。
で、音の方もまたしてもガレージ?ポストパンク?ていうか流行のアレです、はい。

ただねえ…このコらのセンスは結構ツボだわ。

ひねくれた感じだけど、ポップでキャッチー。ノれる踊れるそれこそときめきダンシンだわよ。
いや別に彼らとは似ても似つきませんよ。念のため。

何となく漂ういい意味での変態臭もよい。
「若い」だけかもしれませんが。

試聴はMy Space
official site

ほいじゃ"Monster"のPVをば。
 
続きを読む
posted by みかんぱ at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト紹介(終了) | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

The Fratellis

Costello Music
お猿さんたち、The Feelingと並んで個人的に今年の新人の中で猛プッシュしていきたいバンド。

デビューアルバム「Costello Music」がイギリスで大ヒット中のThe Fratellisです。

グラスゴー出身ていうからTravisみたいなの想像してたら"Henrietta"を聴いて全然違えwて一人でハイになってしまった…。

なんだろうな、ポップなんだけどただそれだけじゃなくて色んな音楽的要素が詰まってまして、最近の新人勢の中ではのびしろも感じさせてくれて期待大でござんす。
溢れる若さと楽曲にどことなく漂う懐かしさはたまらんね。

試聴はMy spaceで。
official site

ではではその"Henrietta"のPV置いておきますね。
 
ビデオを見るよ!
posted by みかんぱ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト紹介(終了) | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。