Mission Bell / Amos Lee 夕焼けあんたいとるど。

2011年04月23日

Mission Bell / Amos Lee

ミッション・ベルミッション・ベル
エイモス・リー

EMIミュージックジャパン 2011-01-19
売り上げランキング : 37813

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


世界を魅了した「Keep It Loose, Keep It Tight」から早6年。通産4枚目はおなじみブルーノートから。初期に見られたAORにも通じるモダンなシティポップとしての表情は、作品を重ねるごとにその枯れた意匠とともに味わい深さと土臭さとを増し、ブルーアイドソウルというくくりから解き放たれ、Amos LeeというSSWとしての世界観を構築するに至った。僕がウェストコーストの音楽に魅了されてからどれくらいになるだろうか。2000年代を(セールス的にも)代表するSSWの1人がこんな作品を出してくれるなんて、なんて幸せなことだろう。プロデュースはCalexicoのジョーイ・バーンズで、Iron&Wineことサムビームも参加。ほら、豊潤でかつ荒涼とした「アメリカ」が立ち上ってこないか。これこそ、ソウルだ。


Myspace
posted by みかんぱ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/197222314
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。