2010 BEST DISC 25 - 21 夕焼けあんたいとるど。

2011年01月12日

2010 BEST DISC 25 - 21

100 - 96
 95 - 91
 90 - 86
 85 - 81
 80 - 76
 75 - 71
 70 - 66
 65 - 61
 60 - 56
 55 - 51
 50 - 46
 45 - 41
 40 - 36
 35 - 31
 30 - 26

 
 
25. Shame , Shame / Dr.Dog
Shame Shame (Dig) (Eco)Shame Shame (Dig) (Eco)
Dr Dog

Anti 2010-04-06
売り上げランキング : 143844

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

フィラデルフィアのどろんこ集団の最新作は、土臭さをそのままに、流麗なコーラスワークに磨きがかかったまさかまさかの陽性の方向での大噴火。いや、まさかでもなかったか。ビーチボーイズ直系のポップミュージックをなぞらえる者として、前作でその一つの到達点を迎えたバンドの方向性としては、悪くない。冒頭から全編にどことなく漂う祝祭的ムード、それがルーツ色が顔を出した時のスパイスになっていて、今回も単なるレイドバック的作風ではないことを感じさせる。やけにタイトな新ドラムに慣れればそこにはいつも通りどうしようもないほどにメロディがいい魅惑の世界が広がっている。「Where'd All The Time Go」の過剰なドラマ性がハイライト。

Myspace

 
 

24. Romance Is Boring / Los Campesinos!
ロマンス・イズ・ボーリングロマンス・イズ・ボーリング
ロス・キャンペシーノス!

ホステス 2010-02-03
売り上げランキング : 70074

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

言いたいことのほとんどをレビューの際に言ってしまった。ロスキャン1期の終了を告げる、ちょっとビターな最新作。若さと10代に対する憧憬や「ベンチに腰かけ若さを弄びずっと泣いていた」以外でのモラトリアムの刺激を可能としたことだけが彼らにひかれる理由じゃない!そう、音楽で物語を語るからこのバンドは大好きだ。かのPavementと同様に。ドタバタしたファニーさだけじゃない表情が色濃くなり、新機軸も盛りだくさん。2000年代以降、僕が彼らにだけ使う言葉がある。それは「いいバンド」という言葉。ロマンスなんて、退屈だよね。

Myspace
ちょっとキテる2ndのレビュー


 
 
23. Once Around / The Autumn Defense
Once AroundOnce Around
Autumn Defense

Yep Roc Records 2010-11-02
売り上げランキング : 16702

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

wilco本体よりこちらを強めに評価していることにそろそろ自分自身どうなんだろうと思ってしまうが、いやしかしどうしたっていいものはいい。ベーシスト・ジョン・スティラット率いるサイドプロジェクトの新作。今作もどこまでも70〜80年代のフォーク / ソフトロックが基調。前作ではボサノヴァなどの音楽への接近も見られたが、今作はもうなんだかAORみたいに聞こえる瞬間が。どんどん上品になりますね。でも敷居が高くない。素晴らしいと思います。

Myspace




22. 言葉にならない笑顔を見せてくれよ / くるり
言葉にならない、笑顔をみせてくれよ(初回限定盤)(DVD付)言葉にならない、笑顔をみせてくれよ(初回限定盤)(DVD付)
くるり くるりとユーミン

ビクターエンタテインメント 2010-09-08
売り上げランキング : 770

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

個人的な視点としてはこの作品に関してはこれ自体がどうか、というよりは結局のところ「日常回帰」と「連帯への憧憬」というテーマといかにシンクロしたか、とそういう観点で見ている節が大きかろう。ほとんどをレビューの際の言葉に譲るが、ワルツ至上主義の自分にとっても大変気持ちよく聴けた1枚だった。『図鑑』を蹴落として「くるり、我が3枚」に入りました。

レビュー
 

 
 
21. What We Lose In The Fire We Gain In The Flood / The Mynabirds
What We Lose in the Fire We Gain in the FloodWhat We Lose in the Fire We Gain in the Flood
Mynabirds

Saddle Creek 2010-04-27
売り上げランキング : 60696

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Georgie Jamesのヴォーカル&ピアノ、Laulaの新バンドによる、キャロルキングの系譜に連なるフィメールポップアルバム。一貫したビッグなメロディと高貴なるプロダクション。メジャーに接近した場所で展開されるあまりに素晴らしすぎるポップソングの宝石箱。これが売れないのはさすがによく分からない。全年齢向けの健全な力作。

Official
 
posted by みかんぱ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 年間BEST | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/180387376
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。