2010 BEST DISC 35 - 31 夕焼けあんたいとるど。

2011年01月11日

2010 BEST DISC 35 - 31

100 - 96
 95 - 91
 90 - 86
 85 - 81
 80 - 76
 75 - 71
 70 - 66
 65 - 61
 60 - 56
 55 - 51
 50 - 46
 45 - 41
 40 - 36




35. Dark Night Of The Soul / Danger Mouse & Sparklehorse
Dark Night of the SoulDark Night of the Soul
Danger Mouse

Capitol 2010-07-12
売り上げランキング : 99975

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

追悼、マーク・リンカス。
 
・レビューはこちら
Official

 
 

34. クロなら結構です / モーモールルギャバン
クロなら結構ですクロなら結構です
モーモールルギャバン

ビクターエンタテインメント 2010-06-23
売り上げランキング : 1393

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

きったねえクラムボン、最新ミニアルバム。楽曲はこれまでライヴなどで披露されてきたものが中心。それにしてもなんて悲しいアルバムなのか。前作ラストの「サイケな恋人」においての「パンティー」は本当の心のメタファーである旨を指摘したが、そう考えると「パンティー泥棒のうた」で叫ばれる「汚い頭の臭いがしみつく!」の悲痛さたるや。強烈な自己嫌悪と表裏一体の自己愛。会いたくて震えた経験のない身としては、エターナルラブではなく刹那の高揚感にのせ屈折した恋慕の表現を撒き散らす、この3人組に現実味と未来を感じるというのは言い過ぎだろうか。現実世界はおそらく黒ばっかりだが、果たして「クロなら結構」といえる正直さはどれくらい有効なのだろうか。生きづらさの本質の一端が、確かに今、彼らから発せられている。性衝動と自意識の肥大を超えたところに向かっているというバンドの未来にも注目。
 
Myspace

 
 
 
33. I Shouldn't Look As Good As I Do / math and physics club
I Shouldn't Look As Good As I DoI Shouldn't Look As Good As I Do
Math & Physics Club

Matinee 2010-06-01
売り上げランキング : 73060

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

僕やっぱりこういうナードさ全開の「普通」の音楽が大好きです!ということでUSはシアトル出身のファニーでキュートなグッドソングを奏でる、インディポップバンドの新作です。初期デスキャブとメリルの間に産み落とされたようなエヴァーグリーンさと爽やかさ。アコースティックを基調としたジャケット通りのサウンド。比較対象として名前も挙がっているようですが、要はかっちょわりーベルセバです。すべての『Love or Loneliness』的思考のあなたへ。ウィーアーソーDIY!OH YEAH!最高!

Myspace




32. Happy Birthday / Happy Birthday
Happy Birthday (Dig)Happy Birthday (Dig)
Happy Birthday

Sub Pop 2010-03-16
売り上げランキング : 50324

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010年ベストソングは何と言っても冒頭の完璧な3分間の魔法「Girls FM」につきると思う。カエルをつぶしたような声でファニーでキュートなローファイガレージをロールする、あまりにナードな産声。結成の理由が「一人でバンドをするのが怖いから」というエピソードだけでおなかいっぱい。いつみてもアートワークがいい。改めて、この作品が生まれたというその事実に、おめでとう。

Myspace

 
 
 
31. 本日は晴天なり / サニーデイ・サービス
本日は晴天なり本日は晴天なり
サニーデイ・サービス

Independent Label Council Japan(IND/DAS)(M) 2010-04-21
売り上げランキング : 7167

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これは僕の青春だ、といえる作品なりアーティストと出会えることは、とても喜ばしいことだと思う。そして同時に、もう二度とそういう風に思い、当時と同じように聴けるアーティストには出会えないのか、と思うと一抹の寂しさを覚えずにはいられない。この作品に言いたいことはここでいった通り。とにかく僕は世の憂鬱な若者には初期のサニーデイを聴いて街に出ることを義務付けたいくらいだ。僕の恋した季節の傍らにはいつも恋人たちの風景があった。そんな満たされないまま満たされていく幸福のサウンドトラック。はたして僕は、いつまで白が汚れないように丁寧に支度をする25歳の彼女でいられるのだろうか。

Official
 
posted by みかんぱ at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 年間BEST | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。