2010 BEST DISC 60 - 56 夕焼けあんたいとるど。

2011年01月04日

2010 BEST DISC 60 - 56

100 - 96
 95 - 91
 90 - 86
 85 - 81
 75 - 71
 70 - 66
 65 - 61
 
 
60. Menphis / Magic Kids
MemphisMemphis
Magic Kids

True Panther Sounds 2010-08-24
売り上げランキング : 58572

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010年にリリースされたどんなビーチポップ、サーフポップよりも、最もビーチボーイズ。若さだけを武器にヨレヨレのシャツと80'sなスタイルでとびっきりに甘ったるいポップソングを届けてくれた。それでもどこか切ない気持になるのはなぜかしら。逃避とはまた違う憧憬が確かにここにはある。
 
Myspace
 
 
 
 
59. The Wild Hunt / The Tallest Man On Earth
The Wild HuntThe Wild Hunt
The Tallest Man On Earth

Dead Oceans 2010-04-13
売り上げランキング : 21065

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Bon Iverとのツアーなどで名を広めたスウェーデンのSSWの最新作。軽快で小気味よいギタープレイに乗せてエヴァーグリーンなグッドメロディが駆け抜ける。初期ディランを彷彿とさせるヴォーカリゼーションと埃っぽいサウンド、青空と荒野が似合う音像はこの憂鬱な季節を吹き飛ばす魅力にあふれている。世代や時間という概念を超えて愛される類の音楽。

Myspace
 
 
  
 
58. HOLIDAYS IN THE SUN / YUI
HOLIDAYS IN THE SUNHOLIDAYS IN THE SUN
YUI

SMR 2010-07-14
売り上げランキング : 1051

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

数か月前の僕、落ちつけよ。よくよく考えれば「朗らかなアルバム」なんて彼女が作るはずがないじゃないか。何が無味無臭だバカ。確かに意匠はホリデイドライビングアルバムであることには異論はない。だが、この人は全方位にファックオフ宣言する人である。センチメンタルなんてクソくらえ、とブチ上げ、「絶望の手前 快楽の途中」てサヨナラセックスをぶちこんでくることなんて朝飯前なのだ。見落としちゃいけない。そう、「分かり合えない」を前提とした「それでも」こそが僕が彼女に全幅の信頼を寄せている部分であり、人生なんてロクなもんじゃないですよね、とか言いながら決して閉じずに歩き続けるその姿に心を奪われているんじゃないか。数か月前の僕よ、自己満足してないでもう一度聴くべきだ。日常に中指立てながらも、真っ赤なブルーだ!とはしゃぎ、「連れ出してほしい」と懇願したかと思えば、お茶の間の涙を誘う(残念ながら)コマーシャルで退屈なポップソングまでそろえるという、J-Popの仮面をかぶった分裂気味な悪魔みたいなアルバムだぞ。それが『HOLIDAY IN THE SUN』だなんて。最高じゃないか。そして僕は「10代」という言葉の便利さと狂気に思いを巡らすのである。ずるいよ、ちくしょう。

Official

 
  
 
57. Hola A Todo El Mundo / Hola A Todo El Mundo


 
もしかして今ほとんど国内フィジカル流通なし?スペインのバンドの新作。大所帯であることのフォーマットを生かしたパワフルな曲から、素朴で寄り添うような楽曲、果ては海の香りのしないMorning Bendersみたいなチェンバーポップまで。5分越えの曲がほとんどで、8分台も珍しくないが、組曲式のものも多く、飽きさせない丁寧な作りになっている。

Myspace

 
 

56. Tourist History / Two Door Cinema Club
ツーリスト・ヒストリーツーリスト・ヒストリー
トゥー・ドア・シネマ・クラブ

Pヴァイン・レコード 2010-02-17
売り上げランキング : 45851

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

UKの復調を静かに告げる、ソフトなブロックパーティ。まあある意味ではこれぐらいがラインというのが今のかの国のドン詰まり感を象徴しているともいえますが。レビュー時の「正直彼らがこのフォーマットでこれ以上の作品を生み出せるかについては疑問符が付くが、新人の1枚目としては十分楽しめる佳作です。」という評価には変わりなし。第4のメンバーがMacという20歳そこそこのぼっちゃんたちが、ブリットポップ終焉後の暗黒期以来のロックの死に体的様相を救う存在になれるか。次が勝負。期待せずに期待しておきます。

Myspace

 
posted by みかんぱ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 年間BEST | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/178271586
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。