ファンファーレと熱狂 / andymori 夕焼けあんたいとるど。

2010年11月12日

ファンファーレと熱狂 / andymori

ファンファーレと熱狂ファンファーレと熱狂
andymori

Youth Records 2010-02-03
売り上げランキング : 996

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ストロークスとリバティーンズの合いの子みたいなのにタイトな演奏という不思議な魅力を放つ才能の塊バンドの新作。邦楽アーティストを取り巻くバンド物語だとか人となり至上主義な狭い世界にはまるで興味がないのではずれているのかもしれないが、ソングライター、相当周囲にムカついてますね。いや、それは周囲ではなく、自分なのかもしれないけれど。とにかくピリピリしたものを感じる。タイトな演奏はその緊張感の表れなのかもしれない。ただ、そうしたものの吐き出し方としてシニカルさをどこかに漂わせながらサラリとやってのけるというのがスマートでいい。世の中に対して言いたいことなんて何もない、なんてな。

クソみたいな世の中に対して苛立ちながらも虚無のポーズを取るということは他でもない「それでも」の体現であり、生きるための選択として平衡感覚の放棄と消失をPavementに教えてもらった僕のような人間であれば当然のように歓喜に震えるところである。それにしても何度も出てくる人身事故というモチーフが秀逸だ。この世界には上手に処理できない感情の方が多く渦巻いていて、それは人が集う場所であればさらに強くなる、そのことをよく表している。そして人身事故の被害者は誰だ、と思わずにはいられない。そして会えないのは、誰だ。

もう一つ白眉な点は「SAWASDEECLAP YOUR HANDS」における「パスポートやカードは昨日盗まれた/整形もしたし肌の色もどんどん変わっていって/SAWASDEECLAP YOUR HANDS」のライン。コミュニティが変わればすべては刷新され、表情が変わる。揺るがない自分なんてものはその個人だけでは成立しないし存在しないということを、そしてそのことを肯定と喜びをもって迎え入れることの大切さを彼らは知っている。

そう、苛立ちが通底する感情だとしても、ここでまとわれるフィーリングは祝祭的かつポップなものなのである。この絶妙なバランス感覚こそが絶対に正しいと思う。死ね、だとか勝手に世界終わらせてみたりだとか、そういうのはもういいよ。逃げ場なんかない。この日常をいくしかない。そしてそれはそう悪いものじゃないと、そう信じていかないとやってられないだろ?君にもアイアンメイデンのTシャツを着たオヤジがニッと笑う姿が見えることを願ってやまない。
 
Myspace
posted by みかんぱ at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。