Romance Is Boring / Los Campesinos! 夕焼けあんたいとるど。

2010年03月25日

Romance Is Boring / Los Campesinos!

ロマンス・イズ・ボーリングロマンス・イズ・ボーリング
ロス・キャンペシーノス!

ホステス 2010-02-03
売り上げランキング : 64726

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
僕の生涯のヒーロー、Pavement。理解なんてまっぴらごめんだ!と悪態をついたその姿勢が、「共感」を何にも勝る是の価値観として襲いかかる時代の只中にいた僕にとっては何よりもの救いであり、同時に生きるための選択としての平衡感覚の欠如を僕に教えてくれた。彼らは、振り返って見るとその始まりから終幕までの流れが、一つのバンドの物語として見事なものだった。その点もまた自分の中での権威性を高めるには十分な魅力を放っている。

そのPavementのカバーで僕とファーストコンタクトを果たすことになった彼ら。1stは見事なまでのポップセンスと「すっ転ぶ男子と無敵の女子」というコンセプトを可能とするボーカルキャラクター、男女七人組で大騒ぎ、という魅力的な要素で「ベンチに腰掛け若さを持て遊びずっと泣いていた」という方法論以外でのモラトリアムの刺激を可能とし、ゼロ年代のPavementとして君臨する風格を漂わせていた。

そこから数ヶ月という短いスパンでリリースされた『We Are Beautiful, We Are Doomed』は、いい曲たくさん出来たから出します的な無邪気なものであり、あくまでEP扱い、今作が正式な2ndとなるようだ。『We Are Beautiful〜』では持ち前の大学生メンタリティを維持しつつモラトリアムへと沈殿していく憂鬱さと葛藤を描いていたが、今回はそれを越えた所にたどり着いた、新たな物語がある。
アルバムを通して紡がれる、主人公たちの愛と死の一大叙情詩。フィーリングはポップに、音像はゴージャスに。1stの頃のドタバタ感とはまた違うポップさ、「The Sea Is A Good Place To Think Of The Future」で見せた新機軸ともいえる叙情性。そして最も印象的なのは「This Is A Flag. There Is No Wind」のボーカルワークにみられるような、少し成長して、肩を並べてどこか誇らしげな男の子に対して、少しドキッとしてしまったかのような女の子の姿が明確になっていること。

ここには1stの頃のような大学生メンタリティやすっ転ぶ男子と無敵の女子的風情は感じられない。しかし、自分たちの持ち味を損なうことなく、極めてまっとうに飛躍を手にした、初めての「名盤」の香りを漂わせている。こういう大所帯インディの体裁で、BSSとはまた異なる答えの出し方をしているというのは実はものすごいことのような気がする。メンバーの入れ替え含めて、バンドが最初のターニングポイントを迎えた事は間違いない。大人になったのではない、成長が自慢気な少し大きな子どもになったのだ。つまり、ロスキャン1期は終了したってこと。
さあ、ここからどんな物語を紡ぐのか。少なくともここまではパーフェクトだ。あの伝説のように。「ロマンスなんて退屈だ!」その通りだな。彼も言っていたな。「俺はがんばってる!」って。やれやれ、全くだよな。何度でも言おう、いいバンドだ。

Myspace 
posted by みかんぱ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144642024
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。