夕焼けあんたいとるど。

2010年12月24日

2010 BEST DISC 65 - 61

100 - 96
 95 - 91
 90 - 86
 85 - 81
 75 - 71
 70 - 66
 
 
 
 
65. Speculation / to rococo rot
SpeculationSpeculation
To Rococo Rot

Domino 2010-06-29
売り上げランキング : 156794

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『Amateur View』以降の甘美なエレクトロサウンドから、また一歩外へ向かおうとする跳躍的作品。リズムがより有機的になり、これまでのどこか朴訥とした表情のままそのクリアトーンなメロディに沈澱していくような恍惚の瞬間が減退し、これまでとの比較においてはとにかく跳ねた印象。半歩ずれたようなストレンジさとスウィートな瞬間との共存という意味で、その『Amateur View』以降抜群の安定感を見せてきた彼らの音楽に全幅の信頼を置く身としては今回のある種の方向転換も絶対支持である。

Myspace
 
 
 
 
64. Learning / Perfume Genius
LearningLearning
Perfume Genius

Organs 2010-06-21
売り上げランキング : 569446

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ローファイなサウンド、アンビエント風なピアノと吐息交じりの歌唱、幻想的なコーラス…文字通りのベッドルームミュージック。冒頭1曲でその世界観を雄弁に語る「Learning」が初めてレコーディングした曲だそうな。記号に満ち溢れてはいるけれど、押しつけがましさや過剰さとは無縁。いつまでも同じことを繰り返していても許されるタイプの、ステキな才能を持った新人の登場だ。
 
Myspace
 
 
 
 
63. Down The Way / Angus & Julia Stone
Down the WayDown the Way
Angus Stone & Julia

Nettwerk Records 2010-03-30
売り上げランキング : 112726

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

7分半に及ぶ語りかけるかのような「Yellow Brick Road」が一音一音の鳴りを含めて素晴らしい。「世界に突き離された私と、それでもこの世界で生きていき、誰かを求める私の姿」はそのままに、全編にわたって正しい方向でのクリアな音像、哀愁と自信(「Walk It Off」が顕著だ)を手に入れた好盤。
 
Myspace
 


 
62. Contra / Vampire Weekend
Contra (Ocrd)Contra (Ocrd)
Vampire Weekend

XL 2010-01-12
売り上げランキング : 1155

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

前作のようなスノビズムを感じることもなく、実にスマートでエレガントな作品に仕上がっている。そして相変わらずポップの中に浮遊する賢さを感じさせてくれる。ホント、1stで覚えた抵抗感はなくなりました。そのクレバーさ、お見事。
 
Myspace
 



61. Roadsongs / The Derek Trucks Band
RoadsongsRoadsongs
Derek Trucks

Sony Legacy 2010-06-22
売り上げランキング : 5363

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ほとんどの楽曲が昨年の『Already Free』で構成されたライヴアルバムだが、その「Already〜」の完成度の高さを再認識できる作品。語ることはありません。好きな人にはたまらない作品のはず。円熟さすら感じる。
 
Myspace
 
posted by みかんぱ at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 年間BEST | 更新情報をチェックする

2010 BEST DISC 70 - 66

100 - 96
 95 - 91
 90 - 86
 85 - 81
 75 - 71


 

70. Young / Summer Camp
YoungYoung
Summer Camp

Moshi Moshi 2010-11-09
売り上げランキング : 33899

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

チルウェイブに対する英国からの回答。曇り空ニューウェイヴ。僕にとっては完全にアートワークとタイトルが全て。ところで、来年の夏、またこれを聞くのだろうか?

Myspace
 
 
 
 
69. Come And Get It / Eli "Paperboy" Reed
Come & Get ItCome & Get It
Eli Paperboy Reed

Capitol 2010-05-03
売り上げランキング : 101921

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

マサチューセッツ拠点の伊達男渾身のモータウンソウルポップ。もちろんサザンやブルーズ、ファンクにも目くばせしており、何よりもその往年のシンガーたちへの愛着を惜しげもなく「そのまま、素のまま」表出しているあたりに好感が持てる。それはテンプテーションズからJBまで、本当に聴いていて楽しい。歌うホーンセクションと控えめなのに渋い役割を果たしているギターがスパイス。あの時代が一気に立ち上ってくる。妙にテラテラとしたプロダクション以外は、とにかく「ツボ」をついてくる、愛と男汁の溢れる1枚。
 
Myspace
 
 
 
 
68. By This Time Last Year Everything Will Seem Younger / MONZANO
バイ・ディス・タイム・ラスト・イヤー・エヴリシング・ウィル・シーム・ヤンガーバイ・ディス・タイム・ラスト・イヤー・エヴリシング・ウィル・シーム・ヤンガー
モンザノ

バウンディ 2010-08-04
売り上げランキング : 506872

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

どこかに憂いと儚さを帯びながら、それでも明確な意思を感じさせるスペーシー北欧系サウンドを奏でるマジカルポップバンド(?)、MONZANOの新作。良質メロディは相変わらずだが、ヒリヒリした質感は前作以上。痛みを抱えながら歩む、あなたへ送るサウンド。

Myspace
 
 
 
 

67. The Suburbs / The Arcade Fire
ザ・サバーブスザ・サバーブス
アーケイド・ファイア

ユニバーサルインターナショナル 2010-09-08
売り上げランキング : 17321

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

郊外をコンセプトにした3rd。そういう意味でも前作よりはコミットできる部分が多かった。
ウィン・バトラーのポップセンスと舵とりは当代1といった感じか。2000年代デビュー組の中では本当に頭一つ抜け出た存在になりましたね。批判できねえ。

Myspace
 
 
 
 

66. Let It Sway / Someone Still Loves You, Boris Yeltsin
レット・イット・スウェイレット・イット・スウェイ
サムワン・スティル・ラヴズ・ユー・ボリス・エリツィン

バウンディ 2010-08-04
売り上げランキング : 41599

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

パワーポップこそ正義!USインディの良心、デスキャブのクリスもプロデューサーに名前を連ねた極上ポップバンドの3枚目。思わせぶりなバンド名にあやしげなアートワークとは裏腹などこまでも陽性な音楽性。「きれい」という形容がしっくりくる誰も傷付けないまっすぐなサウンドは、ともすれば退屈さと直結してしまいそうになるが、ギリギリのところでそれを華麗に回避。青空のもと、素直にシンガロングしたくなるテイストに仕上がっている。WEEZERらを筆頭とする90年代のギタポサウンドというものはエヴァーグリーンなのだなあ、と感じる1枚。個人的な好みでいえばそこまででもないけど、アーティなものばかりでちょっと耳が疲れたアナタにはちょうどいいのでは。

Myspace
 
 
posted by みかんぱ at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 年間BEST | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

2010 BEST DISC 75 - 71

100 - 96
 95 - 91
 90 - 86
 85 - 81
 80 - 76
 
 
 
 
75. Social Studies EP / Body Language
 


良質歌ものエレクトロニカ。アンセミックなメロディあり、哀愁漂う展開あり。現時点でフィジカルなし。フリーDLできるが、僕は彼らに対価を払いたい。アルバムが楽しみです。2011年、プッシュ組の一つ。ネクストブレイクなるか!?

Myspace
 


 
74. Treats / Sleigh Bells
トリーツトリーツ
スレイ・ベルズ

SMJ 2010-10-13
売り上げランキング : 22003

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

笑った。Enter Shikariが出てきた時と同じくらい笑った。ここまで下世話でアイデア先行だと逆にすがすがしい。偉大なる一発屋として歴史に名を残すか、それともここからさらなる飛躍を見せるのか。前者の公算が高そうなのがひしひしと伝わってくるが、それはそれでいいと思う。それにしても、うるせえ。

Myspace
 


 
73. vent / Serph
ventvent
Serph

Independent Label Council Japan(IND/DAS)(M) 2010-07-09
売り上げランキング : 5769

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トーキョー発、自作自演ドリームポップ。都会的なポストロックを通過したシティー派(古い)ポップと、映画/ゲーム音楽のような幻想性。これでもかというピュアネスはまぶしすぎる。既聴感を越え、電子音楽シーンの星となり、ユートピアを築けるか。
 
Myspace
 



72. Mean Old Man / Jerry Lee Lewis
Mean Old ManMean Old Man
Jerry Lee Lewis

Verve 2010-09-07
売り上げランキング : 53984

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
僕のピアノヒーローは、相変わらずエロくてキレキレだった。4年ぶりの新作も人脈フル活用の豪華さ。ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ロン・ウッド、リンゴ・スター、エリック・クラプトン、ジョン・フォガティ、シェリル・クロウやジョン・メイヤー…おなかいっぱい。カントリーぽい曲の方が今はあっているのかな。御大も今年で75歳ですか。いつまでもお元気でいてください。
 
Official


 
 
71. Sea Of Cowards / The Dead Weather
Sea of CowardsSea of Cowards
Dead Weather

Warner Bros / Wea 2010-05-12
売り上げランキング : 25655

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今年リリースされたストライプスのDVD『Under Great White Northern Lights』を観て、あまりにも悲しくて、誇張でも何でもなく、ちょっとだけ泣いてしまった。そして僕はやっぱり彼らが演じてきた「制約の中の美」が本当に好きなんだなと改めて思うに至った。サイドプロジェクトの充実具合は今作でもいかんなく発揮されているが、やはり再始動する本体に期待せざるを得ない。『Get Behind Me Satan』よ、再び。
 
Myspace
 
 
posted by みかんぱ at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 年間BEST | 更新情報をチェックする

2010 BEST DISC 80 - 76

100 - 96
 95 - 91
 90 - 86
 85 - 81
 
 
 
 
80. The Soft Wave / arp
Soft WaveSoft Wave
ARP

Smalltown Supersound 2010-09-06
売り上げランキング : 169756

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ヴォーカル曲もあるが、恐ろしく「人」の香りのしないアンビエント。いや、アンビエントはそんなものよ、と言われればそうなのかもしれないが。ここまで無機な音楽を今年は聞いていなかったのでなんだかいたく気に入ってしまった。切迫感がないのも◎です。

Myspace
 
 
 
 
79. Swanlights / Antony & The Johnsons
SwanlightsSwanlights
Antony & The Johnsons

Secretly Canadian 2010-10-12
売り上げランキング : 1601

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

全ては刷新されるという冒頭のつぶやきと、全ての愛に感謝する展開。今まででもっともメジャーなフィーリング。その解放的なフィーリングを是とできるかどうかで評価は分かれるかな。唯一無二の存在感は相変わらずだが、個人的には『I am Bird Now』及び『The Crying Light』と肩を並べるにはもう一つか。

Myspace
 

 
 
78. Broadcast 2000 / Broadcast 2000
Broadcast 2000Broadcast 2000
Broadcast 2000

Gronland 2010-02-15
売り上げランキング : 289205

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

元Artisanのフロントマン、Joe Steerによるソロプロジェクト。THE 器用アルバム。弦周りから打楽器まで幅広くこなす器用さでおもちゃ箱的サーカスティックさを体現。切り貼り人力コラージュと幾重にも重ねられたコーラスとで不思議でキュートな高揚感を演出しています。リードトラック「Rouse Your Bones」のPVがアヤシくていい。

Myspace
 

 

77. Fixin' The Charts, Volume 1 / Everybody Was In The French Resistance...Now!
Fixin' the Charts, Volume OneFixin' the Charts, Volume One
Everybody Was In The French Resistance Now

Cooking Vinyl 2010-02-01
売り上げランキング : 262832

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

元Art Brutのフロントマンのプロジェクト。偉大なるナンセンス。もう全てが胡散臭い。ゆえに最高。ジャケットが全てを物語っている気がする。G!I!R!L!F!R・E・N!楽しー!

Myspace
 
 
 
 
76. Fission / Film School
FissionFission
Film School

Hi-Speed Records 2010-11-09
売り上げランキング : 130769

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ロスキャン型あるいは1stのころのRa Ra Riot型のフォーマットを採用したさわやかシューゲ風オルタナサウンド。10代のころに見た、青すぎる空を思い出す。でかけたい!

Myspace
posted by みかんぱ at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 年間BEST | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

2010 BEST DISC 85 - 81

100 - 96
 95 - 91
 90 - 86
 
 
 
85. Heartland / Owen Pallett
ハートランドハートランド
オーウェン・パレット

ホステス 2010-01-27
売り上げランキング : 9986

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ゼロ年代陰の主役ファイナルファンタジーことオーウェンの新作チェンバーポップ。記号にまみれた下品な連中のそれとは一線を画すストリングスの妙技。それ故、土着的なものにひかれ続けた嗜好が頂点に達しつつある2010年の僕から、評価されつつも敬遠された数多くの作品の、その代表格のようになってしまった。いいアルバムですよ。

Myspace

 
 
 
84. Ride With Me / Kingen
ライド・ウィズ・ミーライド・ウィズ・ミー
キンゲン

スリーディーシステム 2010-01-20
売り上げランキング : 319073

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スウェーデンのオヤジが奏でる、新しい要素ゼロのほとばしる鍵盤ロケンロー。面白くはないです。好きな人だけ聴いてください。僕は好きです。

Myspace
 
 
 
 
83. The Age Of Adz / Sufjan Stevens
ジ・エイジ・オブ・アッズ [日本盤のみ 歌詞/対訳付]ジ・エイジ・オブ・アッズ [日本盤のみ 歌詞/対訳付]
スフィアン・スティーヴンス

Pヴァイン・レコード 2010-10-13
売り上げランキング : 2136

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

インディキッズから石が飛んできそうな位置で登場、スフィアン先生驚異の珍盤。この作品が非常に重要な意味を持っていて、すごい作品だということは何となくわかりましたが。僕の幼稚な耳では、なかなかそのストレンジさと天才ゆえのポップフィールドで暴れまわる狂気のすべてを拍手で受け入れるまではいかなかった。あと数カ月あればかなり持ち上げるような気がする。とにもかくにも、今の僕には分裂病すぎた。

Myspace


 

82. Soul Proprietor / Alessi'S Ark
Soul ProprietorSoul Proprietor
Alessi's Ark

Bella Union 2010-03-29
売り上げランキング : 590063

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今、個人的に新作を一番楽しみにしているフィメールシンガーの一人、Alessi's Arkの最新EP。いたずらっぽい笑顔が盛り込まれたメランコリックレイニーデイズの極みなポップソング集。とにかく冒頭「The Robot」のオーガニックさが全て。

Myspace

 
 
 
81. Initiate / The Nels Cline Singers
InitiateInitiate
Nels Cline

Cryptogramophone 2010-04-13
売り上げランキング : 19666

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

LAの前衛ギタリストNels Cline率いるバンドの新作。時にスリリング、時にムーディ。フリーキーなアヴァンジャズとオルタナロックの融合。我らがマハビシュヌオーケストラ、1973年の永遠の名作『Birds Of Fire』型の力作です。

Myspace


posted by みかんぱ at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 年間BEST | 更新情報をチェックする

2010 BEST DISC 90 - 86

100 - 96
95 - 91



90. THERE'S NO TURNING BACK / THE BAWDIES
THERE’S NO TURNING BACKTHERE’S NO TURNING BACK
THE BAWDIES

ビクターエンタテインメント 2010-04-21
売り上げランキング : 2336

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

出すごとによくなっている感のある、トーキョー優男集団の新作。ガレージガレージ!身体を揺らすことの楽しさを、ユースの手に取り戻してくれているのかな。ただし、その世界にとどまるのか、さらに大きな一歩を踏み出すのか。意外とここが正念場なんじゃないか?

Myspace
 
 
 
 
89. Penny Sparkle / Blonde Redhead
Penny SparklePenny Sparkle
Blonde Redhead

4ad / Ada 2010-09-14
売り上げランキング : 22817

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今作も4ADからリリース。デカダン・インディシーン(何)の雄、 Blonde Redheadの通算8作目。憂いを帯びたメロディに安定感あり。1月にはDeerhunterやAriel Pinkらと来日。ぜひ彼らを蹴散らすパフォーマンスに期待しましょう。それにしてもカズ姐さんは、相変わらずアンニュイでハーフストレンジな感じを醸し出していて素敵だ。

Myspace
 
 
 
 
88. Weathervanes / Freelance Whales(2009)
WeathervanesWeathervanes
Freelance Whales

French Kiss 2010-07-30
売り上げランキング : 4937

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

キュートな表情を見せたかと思えば、突然少し曇った表情を見せたりととびきりカラフルなポップミュージック。音の配置には足し算でも引き算でもない、割り算の美学を感じる。ヴォーカルはエモやパワポを通過したような質感。そら人気出るわ。

Myspace
 
 
 
 
87. Thistled Spring / Horse Feathers
Thistled SpringThistled Spring
Horse Feathers

Kill Rock Stars 2010-04-20
売り上げランキング : 171405

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

初作での注目と、前作のヒットの立役者である若き才、ブローデリック兄妹を欠いたことによる不安を振り払うあまりに優しいフォークポップ。冒頭からバンジョー、アコギ、ピアノとストリングスが凛とした空気を漂わせながら効果的に互いを引き立てあっており、どの曲も牧歌的な表情ながらとても上品。北欧の田舎町、原風景ここにあり。
 
Myspace




86. Dear Companion / Ben Sollee & Daniel Martin Moore
Dear Companion (Dig)Dear Companion (Dig)
Ben Sollee

Sub Pop 2010-02-16
売り上げランキング : 163841

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

チェロ使いのSSW、Ben SolleeとSub Popフォーク部門随一の上品さを放つDaniel Martin Mooreのコラボ作。バンジョーなど多彩な楽器を用いつつ、あくまで構成はシンプルに、甘いメロディーと牧歌的なフィーリングを武器に大人のムードを演出。Sub Pop、好調です。
 
Myspace
 
posted by みかんぱ at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 年間BEST | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

2010 BEST DISC 95 - 91

100 - 96
 
 

95. The Drums / The Drums
ザ・ドラムスザ・ドラムス
ザ・ドラムス

ホステス 2010-06-09
売り上げランキング : 13460

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

陽気なウキウキフィーリングに乗せて冒頭から死んだ友人への思いを吐露し、全てを忘れるために「ママ、サーフィンへ行こう」…悲しすぎる。切実なる想いを表現する上でノスタルジアの上で踊るという選択肢は紛れもない正解だったのかもしれない。ただ単に僕には時々漂うその80年代の香りが、熱狂をクールダウンさせてしまう要素となったというだけの話でね。
 
Myspace
 
 
 
 
94. The Big Black And The Blue / First Aid Kit
ザ・ビッグ・ブラック・アンド・ザ・ブルーザ・ビッグ・ブラック・アンド・ザ・ブルー
ファースト・エイド・キット

ホステス 2010-02-24
売り上げランキング : 88013

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ストックホルムのホーリー姉妹の処女作はあまりにも穢れがなさすぎて、このままならない現代を生きる上での武器とはならなかった。だがしかし、逃避を渇望する磁場において機能するかもしれないという可能性を感じた。それでも、森ガールというタームでの回収はダメ、ゼッタイ。

Myspace
 
 
 
 
93. The Back Of His Hands, Then The Palms / Ghost Society
ザ・バック・オブ・ヒズ・ハンズ、ゼン・ザ・パルムズザ・バック・オブ・ヒズ・ハンズ、ゼン・ザ・パルムズ
ゴースト・ソサエティ

バウンディ 2010-08-04
売り上げランキング : 120572

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

比較的低調だった感のあるデンマークシーンに咲く一輪のホワイトノイズ。昨年のTV Ghostに続くGhost枠(なんだそれ)に飛び込んできたのは、穢れを知らないドリームポップ。コーラスにMewのヨーナスが参加&絶賛。前述の要素が全編に漂ってはいるが、ネオアコ風味の曲あり、M83みたいなキラキラシンセサウンドもありで、なかなか楽しい白昼夢です。

Myspace
 
 
 
 
92. Rat A Tat Tat / Jason Collett
Rat a Tat TatRat a Tat Tat
Jason Collett

Arts & Crafts 2010-03-09
売り上げランキング : 330719

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アーツ&クラフツの酔いどれボブディランのシンプルながらも才気溢れるフォーク&カントリー。BSS周辺の充実具合を象徴するかのような好盤。時々適切なキレキレ感があって素敵です。
 
Myspace

 
 
 
91. Hustler's Son / Jason Boesel
Hustler's SonHustler's Son
Jason Boesel

Team Love Records 2010-01-12
売り上げランキング : 638782

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Rilo Kileyのドラマー、Jason Boselのソロ。オルタナカントリーマナーにそった温かみのある1枚。それ以上でもそれ以下でもないが、これからの季節、傍らに必要なのはこういう作品ですね。

Myspace

 
posted by みかんぱ at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 年間BEST | 更新情報をチェックする

2010 BEST DISC 100 - 96

まずは100位〜96位。

100. The Courage of Others / Midlake
ザ・カレッジ・オブ・アザーズザ・カレッジ・オブ・アザーズ
ミッドレイク

ホステス 2010-02-03
売り上げランキング : 243604

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

陽気なフィーリングで逃避を渇望した連中によって活況を見せたシーンにおいて、むせかえる様な叙情性を携え、世捨て人的な風情を色濃くしたこの最新作は、かなり異色の輝きを放っていた気がする。前作のライトな少年性は一体どこへ。参照点はフェアポートコンヴェンション。霧深い森へ、いざ行かん。
 
Myspace

 
 
 
99. Shake / Shiver / Moan / 22-20s
Shake Shiver Moan (Dig)Shake Shiver Moan (Dig)
22-20s

Tbd Records 2010-06-21
売り上げランキング : 30648

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

自分の中ではすっかり「2ndはなかった」というポジショニングとなってしまった感のある彼らの復帰作。本来であれば、100枚の中に名を連ねる作品ではないが、ライヴ込みでここに置かせてもらう。あまりにも鮮烈過ぎた1stの影をついつい追いかけてしまうが、活動を再開してくれたということはそういう作品をまた作ってくれる可能性がある、ということだ。その事実だけで、今は十分である。

Myspace
 
 
 
 
98. Frankie Rose and the Outs / Frankie Rose and the Outs
Frankie Rose & TryoutsFrankie Rose & Tryouts
Frankie Rose & Tryouts

Slumberland Records 2010-09-21
売り上げランキング : 34753

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

近年のシーンを象徴するかのような逃避系ローファイガレージサウンド。時々シューゲイズ。Vivian Girls、Crystal Stills、Dum Dum Girlsのドラマーを務めていたFrankie Roseのバンドだそうだが、ホントにまれに上品さというかオーケストラルな雰囲気が垣間見えるので、それらのバンドとはまた違った聴き方ができるだろう。ただやはり、今年のシーンのカラー丸出しな1枚だ。

Myspace
 
 

 
97. Saint Bartlett / Damien Jurado
Saint BartlettSaint Bartlett
Damien Jurado

Secretly Canadian 2010-05-25
売り上げランキング : 185797

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「森おっさん」という憤怒極まりないコピーをつけられているシアトルの鬼才SSWの新作。まあ確かに前作よりもくぐもったプロダクションで、浮き世感は炸裂している。で、これがナイーヴな歌唱にマッチ。でも僕は前作の朗らかなポップの方が好きかなあ。何にせよいいメロディ書きますね、この人は。

Myspace
 

 
 

96. Mimicking Birds / Mimicking Birds
Mimicking Birds (Dig)Mimicking Birds (Dig)
Mimicking Birds

Glacial Pace Rec. 2010-03-09
売り上げランキング : 618290

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

シンプルなアコギサウンドがさ迷い歩く、なんだか現実感が希薄でどこか物憂げなインディポップ。「日常回帰」というタームに帰着していなければもっともっと執心したかもしれない。いずれにせよ、時代が求めている音でがあるが、同時に時代の波には今は乗れない音楽なのかなあとも感じる。僕は好きだよ。ファニーで。

Myspace
 

posted by みかんぱ at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 年間BEST | 更新情報をチェックする

今年は100枚やります。

今年もこの季節がやってまいりました。
年に1度のお祭り騒ぎ、「夕焼けあんたいとるど。BEST DISC」でございます。

忙しさにかまけて今年も紹介したい作品の半分も触れることができませんでした。いやはや。だからこそ、この場というものは大切にしたいと心から思うわけです。

チャートというものは生き物であり、ある瞬間を切り取ってそれを残しておくと追うことはなかなかリスキーなことではありますが、あとから振り返ってこの人間はこの年のこの瞬間には、そういう風に世の中を見つめていたのだなあ、とそんなことが浮かび上がってくるのが一番楽しいのでやっぱり今年もやりますよ、と。


停滞極まり2009年を抜けて開けてきたのは絶望という名の瓦礫の上で臆面もなく、ようやく自由に憧憬を奏でる、輝かしい新章の幕開け。

10年以上前にとんでもないほどに陽性のフィーリングで紡がれた「どうにもならない今日だけど 平坦な道じゃきっとつまらない 君と生きてく明日だから 這い上がるくらいでちょうどいい」という「それでも」と30年以上前に大きな意味での自由を願った人間が呟くように歌った「今日ですべてが終わるさ 今日ですべてがかわる 今日ですべてが報われる 今日ですべてが始まるさ」というラインをチャートの周辺に置いておきたい。

忌まわしき現代においてその機能性を高める過去の遺産がたくさんある。それを受けて「今」を生きる表現者は何を選択すべきか。悲観する香りはそこにはない。2008年以上の変革への確かな胎動を感じた1年。傍らにあった扉は常に開かれ続けていた、そのことと向き合う音が増えてきた。そう、ゼロ年代に僕が狂信者のように繰り返し続けた「否定からのそれでも」は新たなフェーズに突入したのだ。それが「日常への回帰」と「連帯への憧憬」。

仮に「今が昨日じゃなく 明日だということ 信じるだけなのさ」に対する遅すぎた回答がフェイク側から放たれた「今日が昨日みたい 明日は今日みたい 大丈夫 大丈夫 楽しかったら大正解」だけだったならば、この先も暗い時代だったかもしれないが、皆さん方もお気づきの通り、リアルからの宣誓も聞こえてきた、よね?


2010年代は反撃と勝利のディケイドになりますように。それを願って僕はこれからも音楽に対価を払い続ける。音楽に依存するということに対する疑念、ともすれば嫌悪感。音楽は僕らを救わないというその事実に気づいた者だけが見ることができる美しい日々。

音楽はもっと「僕はもう外に出るよ 独りよがりに君は震える 僕は降りるよ お先に もっともっともっともっと 君の為に何かすることがあるかしら?」と、あるいはもう正面切って「バイバイ 君といたってしょうがない。」というべきだ。


大きな意味を持たないこの誰でもない私人が他でもない自分のために並べた「チャート」という装置に、何か願いを込めるとすれば、日々を行くしかないという感覚を肯定的に感じ取ってくれる人が一人でもいてくれればいいなという、そんなことばかりなのである。

それでは、今年も夕焼けあんたいとるど。BEST DISC 100 最後まで楽しんでいただければ光栄です。


posted by みかんぱ at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 年間BEST | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。