夕焼けあんたいとるど。

2010年10月19日

Muu's Way / Woom

Muu's WayMuu's Way
Woom

Ba Da Bing 2010-07-06
売り上げランキング : 360261

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
久しぶりに褒め言葉として「ひどい」を使いたくなる作品に出会った。元fertile crescentのメンバーのユニット、Woomの1st。これが抜群にいい。音楽性は一言で言うなら、不可思議DIYインディポップ。その辺のものでテキトーに奏でたような、それでいてアーティであるという歪んだストレンジポップ。

ハイライトをダイジェストでお送りすると「はあああああ」という叫び声の後に「ok...ok...」とうわごとのように繰り返すトラックがあり、古代文明をモチーフにした楽曲を通過し、不協和音にのらずにアイリッシュトラッドのアカペラをそれと並列させるという乱暴さ。そして時々やたらキャッチー。

頭のねじが外れた人が奇怪な音楽をやることに対しては感動を覚えない人間ですが、一見普通のポップの上でサイケなピエロが躍る、どこかちょっとだけずれた世界がずれ続けて巨大な歪みになるサウンドには涙を流してしまいます。現時点で今年のトップクラスを争う感動。レーベルはBeirutでおなじみBa Da Bing!です。グッジョブ。

Myspace
posted by みかんぱ at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

Reservoir / Fanfarlo

レザヴォアレザヴォア
ファンファーロ

ワーナーミュージック・ジャパン 2010-06-23
売り上げランキング : 173505

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スウェーデン人のフロントマン、サイモン・バルサザール率いる大所帯バンドFanfarloの1stは、感動的な完成度を誇る作品として世に放たれている。Arcade FireやBeirutなど東欧的なオリエンタリズムを通底させつつ、先人たちと同様にトランペットやヴァイオリン、クラリネットにチェロ、果てはのこぎりまで飛び出すオーケストラルポップ。スタイルが似ていることと、祝祭的な色合いが時々顔を出すあたり(詩は結構辛辣だが)、ことサウンド面においては『葬式』と冠されたArcade Fireの1stと対になる作品かもしれない…とも考えたが聴けば聴くほどなぜArcade Fireの1stがゼロ年代を代表する傑作たりえたかが色濃くなるという不思議な感じに陥ってしまった。誤解の無いように改めて書き加えておくが、この作品は大変素晴らしい作品である。メンバー編成からしてごった煮感満載だが、ソングということに対して非常に意識的なのもいい。プロデューサーはヨンシーの『Go』を手掛けたピーターカーティス。ジャケットにたたずむお面の少女はヨンシーの妹。なるほど。

Myspace
 
posted by みかんぱ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

This Is What Happens / The Reign Of Kindo

This Is What HappensThis Is What Happens
ザ・レイン・オブ・カインド

Bullion 2010-07-14
売り上げランキング : 67767

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

元This Day & Ageのメンバーによるバンド、いよいよ2nd。EP、そして1stで炸裂した歌謡ジャズミーツピアノエモ的スタイルは今回も変わらず。変わらなさ過ぎて笑える。ただ、前作のような3枚目に一歩足を踏み込んでしまいかねないレベルでの過剰なキザさというのが後退し、風格のようなものを感じさせるのも事実。そのことが実はあまりよくない方向に作用していて、ジャズ方面に若干ベクトルが向いていた名作EP、エモ&キザに向いていた1stというように振り切れた「何か」を感じさせてくれないのでスリリングさはないかな。あと、「Now We've Made Our Ascent」の一部のメロディラインて前作にもあったんじゃないか?様式美の世界まで昇華しようというのかしら。偉大なるマンネリズムへと舵を切るにはまだまだ早い気がするぞ。

Myspace
posted by みかんぱ at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。