夕焼けあんたいとるど。

2010年05月31日

Down The Way / Angus & Julia Stone

Down the WayDown the Way
Angus Stone & Julia

Nettwerk Records 2010-03-30
売り上げランキング : 97516

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


わあ、すごいすごい。シドニーの姉弟デュオの新作。前作以上に深みと温かみを増した誠実な抒情系ポップソング集。音像が正しい方向でのクリアさを手にしており、それぞれの楽器が喜びに充ち溢れた表情でなっているのが分かる。正直な話、音楽性からしても前作の段階で頭打ちかな、という気がしていたのだけれども、「世界に突き離された私と、それでもこの世界で生きていき、誰かを求める私の姿」はそのままに、哀愁と自信(「Walk It Off」が顕著だ)を手に入れた2人の姿には設定上兄妹である件のデュオとは別ベクトルの輝きが感じられてなんかいいなあ。まだまだボーカリゼーション等はほとんど変化がないので、可能性ばかりをびしびし感じました。曲数はもう少し絞ってもよかったかなあとぽつり。

Myspace
posted by みかんぱ at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

Go / Jonsi

ゴーゴー
ヨンシー

EMIミュージックジャパン 2010-03-31
売り上げランキング : 2040

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なにせ「GO」である。Sigur Ros最新作の前半部分、フォーマットとしてのポストロックとスタイルとしてのシガーロスのどん詰まり感から解放されたあの自由さに心を奪われた身としてはこの作品を拍手で迎えることにわずかほどのためらいも感じない。そこで明らかになった彼のポップソングライターとしての才能がいかんなく発揮されているのだから。冒頭から炸裂するカラフルなサーカスティックさ。瑞々しさが爆発したような、見事な解放感の結晶だ。従来を想起させる大仰さとのバランスも素晴らしい。本人の充実さがうかがい知れる好盤。多数のフォロワーと決定的に異なる部分、凡百のバンドでは到達できないものの正体がここに詰まっているような気がする。

myspace
posted by みかんぱ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

本日は晴天なり / サニーデイ・サービス

本日は晴天なり本日は晴天なり
サニーデイ・サービス

Independent Label Council Japan(IND/DAS)(M) 2010-04-21
売り上げランキング : 465

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


サニーデイサービスは僕の青春だった。常に憂鬱だった僕は日々を謳歌する周囲に悪態をつくでもなく、自らの境遇を悲観するわけでもなくただそこにあった。もちろんポーズとしてのそれは多分に振りまいてはいたが、その実すべては自らの選択の帰結であるという無風感が心の中にはあった。何もない青春、本当に何もない学生生活だった。だからこそ彼らが奏で、語る原風景に身を投じ、溜息と満足感で部屋中を満たしていった。

10年。決して短くはないその間に様々なことがあった。僕も大人になったわけで、一抹の不安はあった。「どうなんだろう、やっぱり今もサニーデイを欲している身ではあるのだけれど、あの頃に閉じ込めてきたものの象徴としてのみ機能していたところもあるから、今新しいマテリアルをどんな顔して聴いたらいいんだろう」なんて。
ひどい杞憂だった。結論から言うと、当たり前に素晴らしかった。

考えてもみれば当たり前だ。10年の時を経たのは彼らとて同じことであったのだ。だからこそ、憂鬱な青年が別れを告げた「休むふりして他の女の子を見る」季節への香りをほのかに漂わせながら「だから今日は手をつないで歩こう」なんてことを言い当ててくれたのだ。それが実像であるかどうかは関係ない。そこは昔から変わらないのだ。

サニーデイの「その後」は、10代に向けられた救済の姿には見出せなかった。それもそうだ。サニーデイの「その後」はサニーデイにしか宿らないのだから。こうしてその温もりに触れることがかなった今、閉じ込めていた日々が色を取り戻していくのが分かる。白が汚れないように丁寧に支度をする25歳の彼女は僕だ。そう、サニーデイサービスは、僕の青春なのだ。

Official
posted by みかんぱ at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

Besnard Lakes Are the Roaring Night / Besnard lakes

Besnard Lakes Are the Roaring NightBesnard Lakes Are the Roaring Night
Besnard Lakes

Jagjaguwar 2010-03-09
売り上げランキング : 45937

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
初聴の印象を殴り書きしたメモ帳には「ダークアンドシューゲジングサイケ」というあまりにもひどい言葉が躍っていたが、今改めてちゃんと聴けば別にダークでもなく特別サイケでもなく、ごくごく普通のシューゲイザーでございました。カナダ産のポップフィーリングにつつまれやたら哀愁の漂う展開がそこに。キラキラしたものではありませんが、これはこれでいいのではないでしょうか。

Myspace
posted by みかんぱ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

Big Echo / The Morning Benders

Big EchoBig Echo
Morning Benders

Rough Trade Us 2010-03-09
売り上げランキング : 13458

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これはいわゆる傑作というやつなのではないでしょうか。一筋縄ではいかないサーフ/インディ/ポップ。つまりは「Pet Sounds」期のBeach Boysってこと。悠久の時を流れる甘美なサイケデリアは、そうGrizzly BearのChirs Taylorとの共同プロデュースの賜物。もともとのインディポップとしてのセンスを携えた前半部分と、曲を追うごとに深さの増すリヴァーヴ(「Stitches」が特に素晴らしい)に沈澱していく後半とでひとつの物語、ひとつの時代。どこまでも気だるく、物悲しい表情に胸を打たれるのは必然だろう。上品さのあるビタースウィートな空気にメロメロ。また音楽と恋に落ちてしまった。

Myspace
posted by みかんぱ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

Happy Birthday / Happy Birthday

Happy Birthday (Dig)Happy Birthday (Dig)
Happy Birthday

Sub Pop 2010-03-16
売り上げランキング : 101197

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

何度考えても見事なバンド名だと思う。これほど自らのファニーでポップな音楽性を体現している名前もないだろう。USインディからまたローファイ、ナードなど琴線に触れるタームをまとうガレージポップの登場だ。フリーフォークバンド、FeathersやWitchにも在籍したKyle Thomasがバンドの中心人物だが結成の理由が「一人でバンドをするのが怖いから」である。最高。ボロボロになった空気を身にまとった主人公たちが、ドがつくほどキャッチーなメロの中をカエルをつぶしたような声とキュートなコーラスでかけぬける。これを傑作と言わずとしてどうする。アートワークも完璧。Happy Birthdayの1stの産声はまさに祝祭にふさわしい作品となった。この作品が生まれたというその事実に、おめでとう。

Myspace
posted by みかんぱ at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

Dear Companion / Ben Sollee & Daniel Martin Moore

Dear Companion (Dig)Dear Companion (Dig)
Ben Sollee

Sub Pop 2010-02-16
売り上げランキング : 111453

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


チェロ使いのSSW、Ben SolleeとSub Popフォーク部門随一の上品さを放つDaniel Martin Mooreのコラボ作。これが抜群にいい。バンジョーなど多彩な楽器を用いつつ、あくまで構成はシンプルに。土着的なものを激しくリプリゼントするわけではなく、甘いメロディーやどこか牧歌的なフィーリングで洒落たムードを演出。Sub Popの好調さを物語る好盤です。

Myspace (Daniel Martin Moore)
posted by みかんぱ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

Rat a Tat Tat / Jason Collett

Rat a Tat TatRat a Tat Tat
Jason Collett

Arts & Crafts 2010-03-09
売り上げランキング : 278417

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ホントにBSS周辺は充実している。アーツ&クラフツの酔いどれボブディラン、Jason Collettの新作。レイドバック感万点の暖かみのあるフォークロック&カントリー。「人生」を感じさせるフィーリングは今作でも健在。シンプルながら才気溢れるアレンジも含め、カナダのSSWとしての自信とセンスを感じます。正直BSS本体よりも好きな部分がちらほら。ギターの身体にすっとなじむ感じ、素敵です。キレキレ。

Myspace
posted by みかんぱ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

Wooden Blankets / Blind Man's Colour

Wooden Blankets [Analog]Wooden Blankets [Analog]
Blind Man's Colour

Kanine Records 2010-02-23
売り上げランキング : 440814

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これは大変悪趣味で素晴らしい。あらゆるものの隙間、ゆらぎの空間から聞こえてくるドリームポップ。サイケな白昼夢。アニコレもMGMTもいまいちピンとこない僕ですがこれはなかなかどうして。シンセもコーラスも計算されているんだろうけどそんなのどうでもいいですね。もわもわ〜としていたいですハイ。

Myspace
posted by みかんぱ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

Be Brave / The Strange Boys

Be BraveBe Brave
Strange Boys

In the Red Records 2010-03-16
売り上げランキング : 43747

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スッカスカヘナヘナガレージアンテナをお持ちの皆さん、お待たせしました。テキサスの雄、The Strange Boysの新作がRough Trade/In The Redから出ましたよ。昨今のUSインディ百花繚乱時代の一つの潮流、レトロスペクティブ志向というタームにおいて見事な完成度です。50〜60年代のロックンロール、ブルーズ、カントリーを下地にした甘いメロディーと胸をかきむしるロマンティシズム。そして何といってもこの甲高くナヨナヨした声、あの頃への憧憬。愛すべき作品です。ビー・ブレイブ!

Myspace
posted by みかんぱ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

Tourist History / Two Door Cinema Club

ツーリスト・ヒストリーツーリスト・ヒストリー
トゥー・ドア・シネマ・クラブ

Pヴァイン・レコード 2010-02-17
売り上げランキング : 24261

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
乱暴に言えばソフトなBloc Partyって感じか。こちらはドラムレスだし単純な比較は当然できませんが。若干20歳の3ピースギターバンド。というかリフバンド。通して聴いてみればなるほどあの頃のポストパンクリバイバル的な風情もあって、やっぱりこういうことやらせるとUKは強いなあって思います。「I Can Talk」のPVもなかなかステキ。中盤からの流れは見事。正直彼らがこのフォーマットでこれ以上の作品を生み出せるかについては疑問符が付くが、新人の1枚目としては十分楽しめる佳作です。

Myspace
posted by みかんぱ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

The Unwinding Hours / The Unwinding Hours

THE UNWINDING HOURSTHE UNWINDING HOURS
ジ・アンワインディング・アワーズ

OCTAVE 2010-04-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


元エアーエオグラムのメンバーのユニットの1st。久しぶりにこんな「ポストロック」なフォーマットのアーティストに触れた気がする。そういう意味では清々しいほどに無味無臭。グラスゴーなだけあって親しみやすく人懐こいメロディラインは流石ですがそれ以上でもそれ以下でもなく。いわゆる大味なポストロックフォーマットが大好きな方向けでしょうか。大変に美しいことは確かです。
 
Myspace
posted by みかんぱ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

Magic Chairs / Efterklang

マジック・チェアーズマジック・チェアーズ
エフタークラング

ホステス 2010-02-24
売り上げランキング : 95922

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

デンマークのバンドの新作。ガレスジョーンズがプロデュース。ずいぶん軽くなりましたね。そしてポップソング満載になりました。個人的にはあの独特の閉塞感というか、その中で美を追求する感じが好きだったのですが。
やはり時代、でしょうか。クラシカルなポップアルバムとしてとても普通のでき。聴いて損はないが、聴かなくても特別問題はないかな。sigur rosの大転換のような衝撃はありませんでした。

Myspace
posted by みかんぱ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする

The Golden Archipelago / Shearwater

Golden ArchipelagoGolden Archipelago
Shearwater

Matador 2010-02-16
売り上げランキング : 207484

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

前作に引き続き地味。ただ、潔癖感が増し、より孤高の世界観に到達した感があります。鍵盤の使い方が効果的になり、前作では一定のところから動こうとしなかった温度も高めに推移しています。というわけでそれなりの作品ですが、やはりOkkervil Riverに期待かな。

Myspace
posted by みかんぱ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

The Big Black And The Blue / First Aid Kit

ザ・ビッグ・ブラック・アンド・ザ・ブルー
ザ・ビッグ・ブラック・アンド・ザ・ブルーファースト・エイド・キット


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ストックホルム出身のホーリー姉妹、First Aid Kitのデビュー作。透明感と無垢さをこれでもかと表現している刹那と背徳に充ち溢れたフォークポップだ。
彼女らが自ら手掛けたアートワーク含めここまで記号に充ち溢れた処女性も今時珍しいだろう。コーラスワークには1点の曇りもなく、クリアな音像は純粋培養の世界そのもの。
「I Met Up With The King」におけるいきんだ歌唱さえ何のひっかかりもないほど。すべてが僕の生活とは無縁のところで通り過ぎていく。まだ10代の姉妹だが、いったい何歳までこのままでいられるのだろう。

Myspace
 
posted by みかんぱ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。