夕焼けあんたいとるど。

2010年03月29日

Transference / Spoon

TransferenceTransference
Spoon

Merge Records 2010-01-19
売り上げランキング : 29209

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
これほど「音源」として聴くのが楽しい!と感じたのはいつ以来だろう。我らがSpoonの新作はたぶん、音響とかやっている人ならもう最高に楽しめるのではないかという作品であります。
僕はバンドはかじった程度なもので、よくわかりませんが、耳が大喜びしているのは事実。それは情感たっぷりに歌い上げる「Trouble」が大変シンプルな構造がら聴きどころ満載な点からもわかります。
前作のようなソウルや60'sポップを下地にしたソングライティングをより深化させ、ミニマルな展開も流石のもの。「Written In Reverse」がとにかく素晴らしいですが、それに代表されるクールな鍵盤プレイが前作以上に冴えわたっており、絶好調を感じさせる快作です。

Myspace
posted by みかんぱ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

Real Estate / Real Estate

Real EstateReal Estate
Real Estate

Woodsist 2009-11-17
売り上げランキング : 137851

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
僕は夏が大嫌いだ。だがかの季節にはどうしようもなく愛おしくなる瞬間がある。そのキラキラに他の季節は足元にも及ばないのだ。
そしてニュージャージーの若者たちが奏でるこの作品には、僕が感じているくだらない理由だけでは抗えない、その「どうしようもない一瞬」のことを想起させてくれる魅力が詰まっている。同系統のヴィンテージな質感のサーフポップとしては巷ではDrumsが話題ですが…僕は断然コチラ派。何しろここには絶妙なディレイをまとったヨラテンゴとテレヴィジョン、優しさと憂いがある。6分に及ぶ「Suburban Beverage」がとにかく白眉だ。ぜひご賞味あれ。

Myspace
posted by みかんぱ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

Contra / Vampire Weekend

コントラコントラ
ヴァンパイア・ウィークエンド

ホステス 2010-01-13
売り上げランキング : 1574

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
もともと彼らに対してそんなに入れ込んで評価している方でもなかったので、賢い人たちが次にどう展開してくるんだろうかというそういう視点で興味深かった。
二元論を真っ向から否定して見せたので、前作のようなスノビズムを感じることもなく、実にスマートでエレガントな作品に仕上がっている。そして相変わらずポップの中に浮遊する賢さを感じさせてくれる。何度もなるほど、と思った。何がなるほどかはよく分からない。後半が良かったが、まだまだVampire Weekendとしてのフォーマットでだけ勝負している印象。もっとできる子。世界へ向けて、その自分たちのポップという観念を広げていってほしいものです。「Cousins」は1曲だけでものすごいカラフルでした。

Myspace
 
posted by みかんぱ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

Fixin' The Charts, Volume 1 / Everybody Was In The French Resistance...Now!

Fixin' the Charts Vol.1Fixin' the Charts Vol.1
Everybody Was In The French Resistance Now

Cooking Vinyl 2010-02-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
完全にジャケ買い。UKのインディバンド、アート・ブラットのフロントマン、Eddie Argosのプロジェクトのファースト・アルバム。 つば量多そうな語りっぷりの男性Voと無骨な女性Voとチープなんだかグラマラスなんだか謎なサウンド。これぞ偉大なるナンセンスか。正直、やたらポップなこと以外はよくわかりません。随所に挿入される鍵盤の音色が清涼感たっぷりでございます。
 
Myspace
posted by みかんぱ at 06:22| Comment(2) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

Romance Is Boring / Los Campesinos!

ロマンス・イズ・ボーリングロマンス・イズ・ボーリング
ロス・キャンペシーノス!

ホステス 2010-02-03
売り上げランキング : 64726

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
僕の生涯のヒーロー、Pavement。理解なんてまっぴらごめんだ!と悪態をついたその姿勢が、「共感」を何にも勝る是の価値観として襲いかかる時代の只中にいた僕にとっては何よりもの救いであり、同時に生きるための選択としての平衡感覚の欠如を僕に教えてくれた。彼らは、振り返って見るとその始まりから終幕までの流れが、一つのバンドの物語として見事なものだった。その点もまた自分の中での権威性を高めるには十分な魅力を放っている。

そのPavementのカバーで僕とファーストコンタクトを果たすことになった彼ら。1stは見事なまでのポップセンスと「すっ転ぶ男子と無敵の女子」というコンセプトを可能とするボーカルキャラクター、男女七人組で大騒ぎ、という魅力的な要素で「ベンチに腰掛け若さを持て遊びずっと泣いていた」という方法論以外でのモラトリアムの刺激を可能とし、ゼロ年代のPavementとして君臨する風格を漂わせていた。

そこから数ヶ月という短いスパンでリリースされた『We Are Beautiful, We Are Doomed』は、いい曲たくさん出来たから出します的な無邪気なものであり、あくまでEP扱い、今作が正式な2ndとなるようだ。『We Are Beautiful〜』では持ち前の大学生メンタリティを維持しつつモラトリアムへと沈殿していく憂鬱さと葛藤を描いていたが、今回はそれを越えた所にたどり着いた、新たな物語がある。
アルバムを通して紡がれる、主人公たちの愛と死の一大叙情詩。フィーリングはポップに、音像はゴージャスに。1stの頃のドタバタ感とはまた違うポップさ、「The Sea Is A Good Place To Think Of The Future」で見せた新機軸ともいえる叙情性。そして最も印象的なのは「This Is A Flag. There Is No Wind」のボーカルワークにみられるような、少し成長して、肩を並べてどこか誇らしげな男の子に対して、少しドキッとしてしまったかのような女の子の姿が明確になっていること。

ここには1stの頃のような大学生メンタリティやすっ転ぶ男子と無敵の女子的風情は感じられない。しかし、自分たちの持ち味を損なうことなく、極めてまっとうに飛躍を手にした、初めての「名盤」の香りを漂わせている。こういう大所帯インディの体裁で、BSSとはまた異なる答えの出し方をしているというのは実はものすごいことのような気がする。メンバーの入れ替え含めて、バンドが最初のターニングポイントを迎えた事は間違いない。大人になったのではない、成長が自慢気な少し大きな子どもになったのだ。つまり、ロスキャン1期は終了したってこと。
さあ、ここからどんな物語を紡ぐのか。少なくともここまではパーフェクトだ。あの伝説のように。「ロマンスなんて退屈だ!」その通りだな。彼も言っていたな。「俺はがんばってる!」って。やれやれ、全くだよな。何度でも言おう、いいバンドだ。

Myspace 
posted by みかんぱ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

Heartland / Owen Pallett

ハートランドハートランド
オーウェン・パレット

ホステス 2010-01-27
売り上げランキング : 54405

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
この人がいなければ成立しなかった作品がいったいどれほどあっただろうか。というわけでゼロ年代影の主役であったファイナルファンタジーことオーウェンパレットの新作。大変上品なチェンバーポップであります。この人のストリングスの妙技は、絶対に下品にならないことと、特定の感情を過剰に喚起させないことにあると思う。よくあるお涙頂戴、あるいは耳馴染みがいいでしょ的腐れミュージックに陥らない強さがある。だから、他人の作品との絡みでは抜群に威力を発揮する。だが、こと自分の作品となるとどうだろう。まあクラシカルかつアカデミックな上によくできたポップミュージックであることは間違いなく、実際僕も楽しんで聴いたのだが、いささか引っかかりが足りないか。上品さがそのままかけぬけていく感じ。もちろん聴いて損などどこにもあるわけがないのだが。今の気分としてはもっと下世話なものが聴きたいというだけでね。

Myspace
posted by みかんぱ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

Ride With Me / Kingen

ライド・ウィズ・ミーライド・ウィズ・ミー
キンゲン

スリーディーシステム 2010-01-20
売り上げランキング : 65388

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
今年最初のグレイドッグス発は、スウェーデンの渋いヤサオヤジ、kingenでございます。熱きオヤジの、ほとばしるほどの魂の叫びと鍵盤さばきを聴け!てな具合のグッドピアノロック。特筆すべき面白さはないけれど、信頼と安心のグレイドッグスブランドですね、これが。

Myspace
posted by みかんぱ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする

Minor Love / Adam Green

Minor LoveMinor Love
Adam Green

Rough Trade 2010-01-19
売り上げランキング : 249425

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


酔いどれSSW、アダムおじさんの新作。相変わらずとぼけた歌声で素敵なポップミュージックを聴かせてくれます。ますますシンプルに、でもソングライティングは冴えに冴え。そりゃこんな魅力的なジャケにもなるってもんです。
 
 
Myspace
posted by みかんぱ at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜情報/プチレビュー | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

Hidden / These New Puritans

ヒドゥンヒドゥン
ジーズ・ニュー・ピューリタンズ

ホステス 2010-01-13
売り上げランキング : 35433
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いやあ、驚いた。こいつは素晴らしい。UKのコンセプト集団These New Puritansの新作。退廃的な空気の中に宿る、確固たる哲学と強烈な美意識。クラシカルな要素の一番グロテスクな部分だけを丁寧に取り入れ、溜息さえ許されないほど全く隙のない音像が構築されている。その中でメロディではなく、アンサンブルが実にポップな点が、この作品の魅力を高めている。ナイフを研ぐ音、メロンをハンマーでたたき割る音…。
全ての要素が彼らが音楽に愛されていることを証明している。これは2010年最初の福音だ。

Myspace
posted by みかんぱ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | CDレビュー | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。